青春の証、にきび。
でも残っちゃうのは嫌ですよね。

ニキビのタイプによって処方される漢方薬

ニキビへの対処といえば、市販の専用の薬を塗る、ニキビ肌専用のスキンケア用品を使うなどというイメージがありますが、医療機関で適切な治療を受けることで、かなりの改善を期待できます。
皮膚科でのニキビの治療は外用薬を使った治療というイメージがありますが、外用薬だけでなく、飲み薬、つまり内服治療といった方法もあるのです。
中でも漢方薬での内服治療は、副作用もほとんどなく安心で、その人の体質や、現在の体調などに合わせて使うという考え方のもと利用されるので、ニキビの治療に関しても、そのタイプによって処方される漢方薬は使い分けられます。
例えば、ホルモンバランスの乱れが原因で発生してしまうタイプには、当帰芍薬散というものを、体内に古い汚い血がたまり、それが原因で発生するタイプには桂枝茯苓丸加ヨクイニンというものなどを処方するなど、体の内側から問題となる原因に働きかけ、結果肌の状態を改善させるという治療法であるのです。

check